肝斑のシミは女性ホルモンの乱れでできる。

肝斑のシミなんですけど、普通のシミとできる原因が違いますし、対策も違いますので気をつけなければいけません。

普通のシミは紫外線が原因で出来てしまいます。

でも、肝斑のシミは紫外線が原因ではないので、日焼け対策をどんなに頑張っても出来てしまうんですね。

肝斑のシミが出来る1番の原因は女性ホルモンの乱れなのです。

特に30代~40代は女性ホルモンが活発になりますので、肝斑のシミが出来やすくなります。

妊娠やピルの服用でも女性ホルモンが乱れますので、シミはできやすくなりますね。

ちなみに、肝斑のシミを治す方法はトランシーノというトラネキサム酸が配合されている薬を飲むことで治すことが出来ます。

トラネキサム酸は肝斑の原因の元となるプラスミンの働くを抑制する効果があるんですね。

薬局でも売ってありますし、値段もそこまで高くはありませんので、とりあえず3ヶ月程度飲まれてみると良いかと思いますよ。

ちなみに肝斑のシミは、普通のシミ対策と同じようなレーザー治療をすると逆に悪化してしまいます。

病院で治療される場合は大丈夫だと思いますけど、たまにネットの情報でレーザー治療をしたらシミが濃くなった!という声を見たことがりますので、一応注意したほうが良いのかもしれませんね。

アラフォーの目立つ毛穴やシミを30秒で隠す秘密の方法とは?